SHARP Blog

【新刊紹介】「GALAPAGOS STORE」からのお知らせ -(2)-

2011年11月18日

~新書特集編~

電子ブックストアサービス「GALAPAGOS STORE」では、岩波書店の『岩波新書』『岩波ジュニア新書』を今月より定期配信いたします。
今後、『岩波新書』の前々月の新刊及び既刊書から4冊、『岩波ジュニア新書』からロングセラーの既刊書1冊、合計5冊を毎月定期配信する予定です。第1弾として、下記5冊のコンテンツを本日より提供開始します。

なお、「GALAPAGOS STORE」では、10/28(金)に「新書特集」コーナーを新設し、ご好評いただいております。今後も、話題のコンテンツを多数取り揃えてまいりますので、ぜひ「GALAPAGOS STORE」でお楽しみください。

■コンテンツ概要(11月18日提供開始)
タイトル名 シリーズ 著者名 価格(税込)
脱原子力社会へ ―電力をグリーン化する― 岩波新書 長谷川公一 840円
労働法入門 水町勇一郎 840円
心と脳 ― 認知科学入門 ― 安西祐一郎 903円
英語でよむ万葉集 リービ英雄 798円
詩のこころを読む 岩波ジュニア新書 茨木のり子 819円
関連情報

~話題の映像化作品編~

電子ブックストアサービス「GALAPAGOS STORE」では、10月よりテレビドラマで放送中の『南極大陸』をはじめ、今秋映像化された話題作品の原作本を、特集コーナーで提供しています。

ほかにも、現在映画化、TVドラマ化、TVアニメ化されている書籍/コミックを多数取り揃えています。ぜひ、この機会に「GALAPAGOS STORE」でお楽しみください。

(『南極越冬隊タロジロの真実』ストーリー) どうにもならない事情から、無人の昭和基地に置き去りにされた15頭のカラフト犬たち。その一年後、「タロとジロが生きていた!」という奇跡的なニュースに日本中が沸き返った。あれから50年。南極第一次越冬隊に「犬係」として、さらに一年後の第三次越冬隊にも参加し、タロジロとの再会を果たした唯一の人物である著者による、真実の感動ストーリー。映画『南極物語』にも描かれていない、探検と観測の一年。そして犬たちとの日々――。

■主なタイトル(11月18日現在提供中)
タイトル 出版社 著者 販売価格(税込) 映像化作品
アントキノイノチ 幻冬舎 さだまさし 578円 2011年11月 映画化
俺の空 刑事編 サードライン 本宮ひろ志 420円 2011年10月 TVドラマ化
探偵はバーにいる 早川書房 東直己 600円 2011年9月 映画化
DOGXPOLICE警視庁警備部
警備第二装備第四係
集英社 小森陽一 525円 2011年10月 映画化
賭博破戒録カイジ フクモトプロダクション 福本伸行 525円 2011年11月 映画化
南極越冬隊タロジロの真実 小学館 北村泰一 620円 2011年10月 TVドラマ化
僕は友達が少ない メディアファクトリー 平坂読 450円 2011年10月 TVアニメ化
モテキ 講談社 久保ミツロウ 525円 2011年9月 映画化

※タイトル:50音順

GALAPAGOS STOREについて

・「Android」「Androidマーケット」は、Google Inc.の登録商標または商標です。

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top