SHARP Blog

プラズマクラスター冷蔵庫 6機種を発表しました

2013年9月5日


2013年9月5日、プラズマクラスター冷蔵庫について、発表会を開催しました。

25項目の省エネ技術を採用した「節電25」モードで、通常運転に比べ最大約25%※1節電するとともに業界で初めて※2、地震などの揺れを感知し自動的に冷蔵庫のドアをロックする※3「対震ロック」を搭載(フレンチドアタイプ)した「プラズマクラスター冷蔵庫」6機種を発売します。

「節電25」モードでは、庫内温度が安定している時はスリープ制御で消費電力をこまめに削減したり、ドア開閉・貯氷量に合わせて製氷運転を自動で一時停止するなど、ムダな電力を大幅に削減します。通常運転に比べ最大約25%※1の節電を実現します。

また、地震などにより大きく揺れた場合、冷蔵室の左右のドアを自動的にロックする「対震ロック」を業界で初めて※2搭載しました。食品の飛び出しを防ぐことに加え、本体の転倒につながる前方への重心の偏りを抑えます。

プラズマクラスター冷蔵庫 6機種
プラズマクラスター冷蔵庫
左より <SJ-GF50Y-W><SJ-GF60Y-R>


【節電25】省エネ技術
【節電25】省エネ技術
(DCファンモーターなど25項目の省エネ技術を展示)


揺れから守る対震ロック(左上は対震ロックレバー)
揺れから守る対震ロック(左上は対震ロックレバー)

お客様に楽しさや驚きを提供する当社独自のインターフェース「ココロエンジン」を搭載しました。「熱いものは冷ましてから入れてね」などの節電のアドバイスから、「停電がありました。食品や氷、時刻の設定状態を確認してくださいね」などのサポート、「いつも大切に使ってくれて、ありがとう」などの癒しのメッセージまで、約100種類の音声メッセージと光で使い方をアシストします。

ココロエンジン
ココロエンジン
(音声メッセージと光で使い方をアシスト)

通常サイズの氷だけでなく、大きく、透明度の高い氷を作ることができます。通常の氷より溶けにくいので、ドリンクや料理の味をそこないにくいという特徴があります。

大きく、透明度の高い氷ができる「おうちでロック製氷」
大きく、透明度の高い氷ができる「おうちでロック製氷」

より詳細については、関連リンクをご覧ください。

  • ※1 「節電25」モード(自動製氷一時停止モード時)と通常運転(自動製氷運転時)との比較。冷蔵室「中」・冷凍室「中」設定、周囲温度35℃での1日当たりの消費電力量から算出。SJ-GF60Y:通常運転(自動製氷運転時)1.795kWh→「節電25」モード(自動製氷一時停止モード時)1.312kWh。JIS C 9801-2006年測定基準とは異なります。電力の消費を抑えた運転をするために、食品保存に影響をおよぼさない範囲で、庫内温度を約1℃高く設定します。使用環境(温度調節・周囲温度・ドア開閉頻度・食品の量など)により、節電効果は変わります。
  • ※2 国内家庭用冷凍冷蔵庫において。2013年9月5日現在。
  • ※3 揺れの大きさや向き・地質・建物の構造などにより、性能を十分に発揮できない場合があります。
関連リリース

発表会レポート

製品情報

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top