SHARP Blog

【開発者インタビュー】リサイクルするプラスチックには、根本治療が必要

シャープは、使用済み家電製品から回収したプラスチックを、新しい家電製品として繰り返し利用する「自己循環型マテリアルリサイクル技術」を2001年以降に順次実用化してきました。その対象は従来、洗濯機、冷蔵庫、エアコンに多く使われているプラスチック(PP、PS樹脂)でしたが、この度、薄型テレビのプラスチック(PC+ABS樹脂)にも対象を広げました。今回は、この環境技術の開発者にインタビューを行いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top