SHARP Blog

サステナビリティレポートには、シャープのCSRの“取り組み”がたくさん詰まっています

2014年9月12日

8月25日に公開しましたサステナビリティレポートでは、
当社のCSR( Corporate Social Responsibility : 企業の社会的責任 )の取り組みをご紹介しています。
 ⇒ サステナビリティレポート2014

当社のCSRの取り組みをまとめているサステナビリティレポート制作チームに話を聞きました。
制作チームのもとには、編集委員から活動報告やデータが送られてきます。
現場の生の声を聞くには、制作チームが一番!

サステナビリティレポートとは

サステナビリティレポートの“サステナビリティ”とは、持続可能性のことを指します。自然環境や企業活動が、今後も良い状態を持続させるためにはどうするべきかを考え、実行することが大切です。

当社の1年間のサステナビリティに関する様々な取り組みを、マネジメントや環境活動、社会活動などのパートに分けてサステナビリティレポートとして公開しています。

 <サステナビリティレポートのテーマ>
 ・コーポレートガバナンスや、コンプライアンス等についてまとめた「マネジメント」
 ・環境に配慮した商品・デバイスの開発や、工場の環境配慮性を高める取り組み等をまとめた「環境活動」
 ・商品の品質・安全性の確保や、社会貢献活動等をまとめた「社会活動」
 ・お客様やお取引様、株主・投資家の皆様、従業員、地域社会とのコミュニケーション活動をまとめた
  「ステークホルダーコミュニケーション」

CSRの取り組みの軸となっているのは、当社の経営理念・経営信条にあります。
社会やステークホルダーとの共存共栄をめざし、社会に必要とされる会社であり続けたいと考えています。

 

地域社会と密着して、一人ひとりができることから

少し硬い話が続きましたが、自然や社会の未来のために今できることは何かを考え、
着実に行動していこうと取り組みを行っています。

例えば、商品の開発・設計をする際には、省エネ性能はもちろん、リサイクルしやすい設計にしたり、
環境に配慮した部材を採用しています。
環境に関するガイドラインを設けて、すべての商品開発に役立てています。

また、一人ひとりが身近な環境と向き合うために、生物多様性保全活動を行っています。
その中では、「フクロウが棲む森づくりをしよう!」などの取り組みも行っています。

国内外にある事業所や工場で働く人々の手によって、地域や商品に合った独自の“取り組み”が行われています。

サステナビリティレポート制作チーム

シャープ広報部ブログでは、サステナビリティレポート制作チームと共に、
社会・環境に対する当社の活動をご紹介していきます。
私も体当たりで取材していきたいと思っていますので、ぜひご期待下さいね。

(広報担当:M)

関連情報

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top