SHARP Blog

丸の内駅伝2015で“健康コックピット”の体験会を開催しました!

コックピットと聞くと、巨大ロボに憧れたあの頃を思い出して、ワクワクしてきませんか?

当社が開発を進めている“健康コックピット”は、体重や血圧、血管年齢、ストレス度など、
座ることで簡単に測定できる健康管理支援機器です。

3月15日に東京都千代田区丸の内で行われた「丸の内駅伝2015」に、
当社の健康コックピットを展示していただきました!

“楽しく走る(Fun Run)”をテーマにしている丸の内駅伝も今年で7回目。
走る前や走った後に健康状態を測定していただき、無理なく、
楽しみながら走っていただきたいとの想いで展示させていただきました。

 

20150316-a-2健康コックピット

健康コックピットに座ると、ディスプレイにわかりやすく操作手順が表示されます。
ガイダンスにそって操作するだけなので、どなたでも簡単に操作することができますね。

20150316-a-3

 

早速、駅伝がスタートする前に健康状態をチェック。
万全の体調で、楽しく走っていただきたいですね。

20150316-a-11

 

測定結果は、その場でディスプレイに表示します。
体重やBMI、血管年齢、血圧、脈拍などと共に、総合的な健康スコアが表示されます。

20150316-a-10※測定結果の数値は隠しています。

そしていよいよ駅伝のスタートです。
5人チームで走る丸の内駅伝では、総勢500名(100チーム)のランナーが丸の内オフィス街を駆け抜けます。
吐く息が白くのぼり、走る前の緊張感と高揚感が伝わってきます。

20150316-a-5

 

まずはしっかり準備運動。
右腕を伸ばして……。

20150316-a-7

 

左腕もぐっと伸ばして……。

20150316-a-6

 

丸の内エリアの人気者、マルケンくんが見守る中、駅伝がスタートしました。

20150316-a-8

 

チームで完走を目指して走ることで、体も心も、より健康的になれそうですね。

当日は、駅伝参加者や買い物に来ていたご家族など、80名以上の方に測定していただきました。
約5分で複数の数値を測定できる素早さと手軽さを評価していただき、
改めて健康を考えるきっかけになったとのご意見をいただきました。
友人と健康スコアを競い合う場面もあったそうです。

 

丸の内駅伝の他には、オフィスワーカー向けの健康ビジネスの創出や健康支援の仕組み作りを目的とした
「丸の内ヘルスケア実証プログラム」にて、健康コックピットが活躍中です。
東京・大手町(日本ビル6階)の3×3 Labo内の「丸の内ヘルスケアラボ」にて、
4月30日まで期間限定で健康測定を体験いただけます(利用にあたっては会員登録が必要です)。

詳細はこちらのサイトをご覧ください。
(現在は終了しています)

■3×3 Labo
http://www.ecozzeria.jp/nipponbldg33/

■丸の内ヘルスケアラボ オフィスワーカー向けの健康支援の仕組みづくり
http://www.ecozzeria.jp/events/special/post-61.html

 

健康コックピットは、血糖値や体温、ストレス度合いなどの測定項目を追加することができますので、
企業やフィットネスクラブ、シニア向けの集合住宅など、用途に応じてカスタマイズすることもできます。
将来的には、クラウドを活用した遠隔医療相談等への応用も検討しています。

座って5分程待つだけで、手軽に健康状態を測定できる健康コックピット。
測定のたびに立ったり、移動したりしなくてよいのも嬉しいポイントですね。

不摂生な私の健康状態も一度見てほしい……。
(広報担当:M)

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top