SHARP Blog

神於山(こうのやま)シャープの森から、フクロウの雛が無事巣立ちました

2015年6月8日

大阪府岸和田市の神於山(こうのやま)にある「シャープの森」で、フクロウの雛が生まれました。

「シャープの森」とは、「森・いきもの・人のつながりを理解し、きずなを深め、地球環境への優しい心をはぐくむ森」
を基本コンセプトとして、全国の事業所や営業・サービス拠点の近郊11か所で、
植林や、植えた苗を育てる育林により育まれている森です。
労使共同の環境ボランティア団体「シャープグリーンクラブ(SGC)」を中心に活動をしています。

神於山シャープの森では、「フクロウの棲む森づくり」をテーマに、
定期的な間伐やフクロウの巣箱作りなど、様々な保全活動を続けてきました。

本年3月28日に、巣箱に設置したカメラにより、1羽のフクロウが巣を作っているところを発見。
それから定期的に、お母さんフクロウの子育ての様子を観測することになりました。

そして、4月11日には、お母さんフクロウがじっと動かないことから、卵を抱いていると予測。
7日後の4月18日には、ついに1羽目の雛の誕生を確認しました。
4月28日には、2羽目の雛が誕生したのを確認。2羽ともすくすくと育っていきました。

雛たちを守るためにも、情報公開を控えていましたが、
2羽とも無事に巣立ちましたので、みなさんに動画をお見せできることになりました!

 

 

動物園などでフクロウを目にする機会はありますが、雛を育てる場面はなかなか見ることができません。
その姿はとても神秘的で、お母さんフクロウの力強さと頼もしさを感じました。

フクロウの巣箱づくりは、2011年からスタートしました。
2014年春には、巣箱でフクロウが産卵したものの、残念ながら孵化には至りませんでした。
そこで、2014年9月13日(土)の活動でフクロウの巣箱の改修とメンテナンスを行い、
今年はどうか孵化してほしいと願っていました。

2014年9月13日(土)の活動の様子
http://blog.sharp.co.jp/2014/09/30/1308/

20150608-a-2フクロウの巣箱の改修とメンテナンスの様子(2014年9月13日)

その成果が、今回の孵化に繋がったのだと思います。
作業された方々にとっては、お母さんフクロウと同様に、我が子のように見えたのではないでしょうか。

フクロウの棲む森づくりには、どのような意味が込められていると思いますか?

もちろん、フクロウを見たいから、というわけではありません。
フクロウが生息するには、餌となるネズミやトカゲ、昆虫類などが生息できる環境が必要です。
動物や昆虫がより多く生息するには、豊かな自然でなければいけません。
つまり、フクロウが棲める森とは、自然が豊かである証拠なんですね。

これからも、自然豊かな森の象徴とされるフクロウが毎年営巣するように、
継続して保全活動を行っていきます。

(広報担当:M)

おすすめの記事 2014年9月30日 神於山(こうのやま)シャープの森 「フクロウの棲む森づくり」に参加してきました! 2014年12月26日 天理古墳シャープの森 「笹ユリ育成区域の整備」に参加してきました!
SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top