SHARP Blog

大容量冷凍室「メガフリーザー」が解決する3つのストレス

今日の夕食のメニューの中で、冷凍食品を使ったものはありますか?

美味しく、手軽で、長期保存が可能な冷凍食品。
冷凍技術が発達し、スーパーには多彩な冷凍食品が並びます。

20150821-a-12

 

今回は、そんな冷凍食品を取り巻く食の環境の変化や、
シャープが考える冷凍室の在り方について、商品企画の担当者に話を聞いてみました。

20150821-a-1

 

-- 冷凍食品を取り巻く環境の変化を教えてください。

企画担当  10年前と比べて、食生活を取り巻く環境は大きく変化しています。食の多様化や有職主婦の増加による家事の時短が高まり、家族がバラバラに食事をする個食化も見られます。これらの変化を受けて、冷凍食品の需要が拡大しています。スーパーの冷凍食品コーナーを見ると、手軽で美味しい冷凍食品がたくさんありますよね。一方、冷蔵庫の冷凍室はと言うと……。容量はあまり増えていないという現状がありました。“安いときにまとめ買いしたいけれど、冷凍室に入らないから満足に買えない” そんなストレスを強く感じているお客さまが多くいらっしゃいました。

-- そこで、大容量の冷凍室が必要と考えたわけですね。

企画担当  そうなんです! ただし、たくさん入ればいいというわけではありません。冷凍室で大切なことは「大容量」に加えて、「整理のしやすさ」、そして冷凍の「質(おいしさ)」です。シャープのプラズマクラスター冷蔵庫に搭載している大容量冷凍室「メガフリーザー」には、より多くの食品を、美味しく、便利に保存いただける工夫がたくさんあります。

冷凍室に大切な「大容量」「整理のしやすさ」、「質(おいしさ)」の3つのポイントを、
お客さまが感じている冷凍に関するストレスとともにご紹介します。

 

1.冷凍室がいっぱいで、冷凍食品のまとめ買いができない

「“冷凍食品半額デー”なのにたくさん買えない」
セールの日にたくさん買いたいけど、冷凍室に入らないからと諦めている方は多いようです。

「メガフリーザー」は、大容量192L※1
どのくらいの冷凍食品が入るのか、その収納力を見せてもらいました。
今回は、買い物カゴ5個分の冷凍食品を用意。
早速冷凍室に入れていきましょう!

※1 SJ-GT55B冷凍ゾーン全体の定格内容積。

20150821-a-3

とにかく大きい下段冷凍室は、中が3段構成になっています。
一番下のケースは、500mlのペットボトルを立てて収納できるほど深さがあり、
大物食品もラクラク入ります。

20150821-a-2

一番上のケースは、冷凍食品を立てて効率良く入れられるので、こんなにたっぷり。

20150821-a-4

1段目、2段目、3段目と冷凍食品を入れていくと……。

20150821-a-8

買い物カゴ5個分の冷凍食品をすべて入れることができました。
「メガフリーザー」恐るべし……。

中が3段構成になっているので、欲しい食材をすぐに取り出すことができますね。

 

2.冷凍室の中がごちゃごちゃしていて、どこに何があるのかわからない

せっかくの大きな冷凍室も、ただ食材を積み重ねるだけでは、
「下の方の食材が探せない → 取り出せない → 使い忘れる」
といった悪循環になってしまいます。

「何があるかわからないから、冷凍室の底を見るのが怖い……」
そんな声も聞こえてきます。

下段冷凍室の1段目にある「4切り(しきり)名人」は、冷凍室の整理収納にとっても便利。
つまみを上下左右に動かして、4つのコーナーに自由に仕切ることができます。

20150821-a-6

こんな風に。

20150821-a-7
食品のサイズや種類に合わせて、すっきり区分け収納ができます。
食品が探しやすくなって、使い忘れも解消ですね。

また、冷凍食品を立てて効率よく入れられるので、スペースを有効活用することができます。

20150821-a-9

 

3.冷凍やけを起こし、保存している肉や野菜などが美味しくなくなる

肉などを長期冷凍保存していると、冷凍やけを起こすことがあります。
冷凍やけとは、冷凍保存中に食品の水分が昇華することで、乾燥して目減りし、
脂質の酸化やタンパク質の変性が起こることです。
食品が変色したり、味が落ちたりしてしまいます。

その原因のひとつは、食品の乾燥です。

上段冷凍室には、食品に直接冷気を当てずに乾燥を抑える「冷凍やけガード」が付いています。
肉や魚・野菜など、乾燥で劣化しやすい食材は、上段冷凍室で保存してください。

実際に、上段の冷凍室を取り出してみましょう。
上段冷凍室を閉めた際には、こんな風に、「冷凍やけガード」が全体を覆う構造になっています。
食品に直接冷気を当てないことで、美味しく冷凍保存することができます。

20150821-a-5上段冷凍室を閉めた状態

すべての劣化は乾燥から
食品に直接風を当てない構造は、冷凍室だけではありません。
冷蔵室、野菜室、そしてチルドルームも直接風を当てない設計になっており、食材を乾燥から守っています。

 

いかがでしょうか。
大容量冷凍室「メガフリーザー」は、たくさんの食品を、美味しく、便利に冷凍保存することができます。

今回ご紹介した「メガフリーザー」搭載のプラズマクラスター冷蔵庫<SJ-GT55B>は、
本日8月28日(金)発売です。
「メガフリーザー」シリーズ<SJ-GT50B><SJ-GT47B>は、9月17日(木)発売予定です。

20150821-a-11

プラズマクラスター冷蔵庫
左より <SJ-GT55B-R(庫内イメージ)> <SJ-GT55-R(グラデーションレッド)>
<SJ-GT55B-T(サテンブラウン)>

 

「メガフリーザー」シリーズをお使いのお客さまから、
「冷蔵庫を開けるのが楽しみになった」というお声をいただいたそうです。

食品の保存がもっと便利になれば、毎日の食事作りの負担を減らせるだけでなく、
料理の幅が広がり、食生活が豊かになると感じました。

毎日の食事が豊かになれば、家族の笑顔もきっと増えるはずです。

(広報担当:M)

メガフリーザー
思いやり、ぎゅっと込めたこのカタチ。かぞく中心 メガフリーザー
冷凍室は大容量!買い替えるならメガフリーザー。
冷凍室は大容量!買い替えるならメガフリーザー。

 

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top