SHARP Blog

新しいスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」は、あなたの何かを起動する

スマートフォンAQUOS「活きる力を起動する」


 

コンセプトムービーでは、行動や気持ちの変化のきっかけに、
いつもスマートフォンがあることを紹介しています。

シャープのテクノロジーが、人の何かを起動する。

株式会社NTTドコモ様より本日10月29日(木)に発売された
新しいスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」を持ち歩き、
私の何が起動するのかを確かめてみました。

 

スマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」は、私の何を起動するのか?

ある日の朝、「10月だけど、半そででもいいかもね」という一言を添えて
エモパーが天気予報を教えてくれました。
エモパーの言葉と一緒に、やわらかい光のエフェクトが画面に広がります。

20151029-a-12

 

カーテンを開けるととても天気が良かったので、散歩に出掛けることにしました。

いきいきとした植物にカメラを向けてみます。
前面いっぱいに広がるディスプレイが風景をそのまま切り取るようで、
もっと色々なものを撮りたいという気持ちを刺激されます。

20151029-a-2

 

少しひんやりとした金属フレームの感触がとても気持ちよく、
ポケットの中で意味もなく触ってしまうことがたくさんありました。
色や形だけではなく、手の感触としてのデザインもあるのだと感じます。

写真や動画を撮ったり、それを誰かと一緒に見たり。
道を調べたり、近くのお店を探したり。
そんな普段の出来事も、とても新鮮に感じることができました。
「AQUOS ZETA SH-01H」には、感覚を刺激する何かがありそうです。

その秘密を、企画担当に聞いてみましょう。

 

「AQUOS ZETA SH-01H」の企画担当に話をきいてみよう

20151029-a-14

 

―― 「AQUOS ZETA SH-01H」を持ち歩いてみたのですが、普段とは違う感覚がありました。その秘密を知りたいのですが。

企画 シャープの目指すスマートフォンとは、生活を便利にすること以上に、気持ちや行動に変化を与えるきっかけとなるような“人に寄り添うパートナー”になることです。人の心を動かすために、一つひとつのデザイン、一つひとつの性能を細部にまでこだわりを持って作っています。

―― なるほど。機能としての便利さももちろんあったのですが、それ以上に心地良さを感じたのはそういった狙いがあったのですね。

企画 単なる道具としての枠を超えて、パートナーとして愛着を感じていただく。そのために、情緒的な光を効果的に使っています。ヒカリエモーションと名付けたイルミネーションは、ただ無機質に点灯させるのではなく、ふわっと光らせたり、じんわりと消灯させたり。綿密に設計した空間の中でLEDを光らせることで、光に奥行を持たせています。光らせていないときには、金属フレームとの一体感を失わないように、素材の色や透明度にも細心の注意を払っています。

20151029-a-6

 

―― エモパーにも、光の演出が加わりましたね。

企画 エモパーの話す言葉によって、画面全体に情緒的な光のエフェクトが広がるようになりました。言葉だけではなく、視覚でもエモパーの気持ちを感じていただけると思います。光や音、言葉、デザイン、触り心地などの総合的な演出が、人の感性を刺激するのだと考えています。

―― そうそう! 触り心地も良いですね。色もキレイなので、用がなくてもつい触ったり眺めたりしてしまいます。

企画 4辺に金属、背面にガラスを使用しています。それらの質感を活かす色合いはとても繊細で、微妙な色の作り込みにはとても苦労しました。Magenta(マゼンタ)の指紋センサーには、ガラス面の色合いに馴染むように、センサー部分にも色を付け加えています。その他にも、デザイン性をより高めるために、様々な技術が使われています。

20151029-a-7カラーバリエーション Magenta(マゼンタ)

―― 確かなテクノロジーが、このデザインを実現しているのですね。

20151029-a-15

企画 感覚を刺激するテクノロジーは、他にもたくさんあるんですよ。

―― ディスプレイもその一つですよね。操作をする際に、画面が指に吸い付いてくるというか、とてもなめらかな印象を受けました。

企画 残像を抑える新開発のディスプレイ「ハイスピードIGZO」です。従来の60Hz駆動※1と比べて、2倍のコマ数を描画する120Hz駆動を実現しています。ぱらぱら漫画に例えると、120枚の絵を1秒間に一気にめくるイメージですね。

※1 液晶駆動におけるHzとは、1秒あたりの表示更新回数を表し、120Hzであれば1秒間に120回表示更新します。

―― 1秒間に120枚!

企画 ディスプレイの映像の細かさを表す解像度はご存じですよね。私たちはそれに加えて、時間の解像度も大切なのではと考えました。より素早く映像を描画することで、人が感じるなめらかさは大きく変わってきます。それは動画に限らず、ブラウザやアプリで画面をスクロールする際にも、違いを感じていただけると思います※2

※2 アプリによっては効果が得られないことがあります。


 

―― ありがとうございました。

 

新しいスマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」には、
エモパーや光の演出による親しみと、
ハイスピードIGZOなどのテクノロジーがもたらす高い性能がありました。

そのバランスがとても心地よく、もっと使いたい、
ずっと使っていたい気持ちになります。

スマートフォンAQUOSの新しいコンセプト 「活きる力を起動する」
私の中で起動したものは、「愛着」でした。

(広報担当:M)

SH-01H

スマートフォン「AQUOS ZETA SH-01H」
http://www.sharp.co.jp/products/sh01h/

活きる力を起動する AQUOS
http://www.sharp.co.jp/k-tai/brand/

公式エモパー情報サイト「emopa-rk(エモパーク)」
http://k-tai.sharp.co.jp/dash/emopa/

 

20151029-a-13開発のみなさん

● IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。

おすすめの記事 2015年12月4日 新しいスマートフォン「AQUOS Compact SH-02H」に生命感を持たせる“光の設計”とは? 2015年12月4日 「AQUOS ケータイ」について、関係者に聞いてみました 2015年11月20日 新しいスマートフォン「AQUOS Xx2」は、私の何を起動するのか? 2015年7月30日 エモパーが目指した“4つの新しい体験”とその“愛称”とは 2015年6月19日 エモパーには、人それぞれの解釈がある
SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top