SHARP Blog

ヘルシオグリエで、いつでも極上生食パン!!

トーストをおいしく焼き上げるウォーターオーブン専用機 ヘルシオグリエに、新製品<AX-GR1>が登場しました。

 

左より <AX-GR1-R(レッド系)/-B(ブラック系)>

ここ数年、生食パンのお店をよく見かけるようになりました。街を歩いていても、生食パン専門店の紙袋を手にした方がよくいらっしゃいます。「生食パン食べたいな~、でも食べきれないのよね。冷凍したら味が落ちちゃうし・・・」と、買うのをあきらめたこと、ありませんか? 私はあります!

今度のヘルシオグリエには、新しく「ふわふわモード」が搭載されました。トースターなのにふわふわって? 実は、生食パンを、焼き目をつけずにたっぷりの水蒸気で、ふわふわにあたためられるようになったのです。驚くことに、冷凍のパンでもふわふわになるとのこと。それなら買うのをあきらめることなく、いつでも生食パンが食べられますね。新しい「ふわふわモード」、さっそく試してみました!

まずは生食パンをそのまま食べます。もちろんふわふわです。もちもちしていておいしい!

続いて、3日ほどおき、あえてパサパサにした生食パンを用意しました。本当においしくなるのでしょうか・・・。パサパサの生食パンなんて嫌だなぁと思いつつ「ふわふわモード」であたためてみます。焼き上がりが白い!食べてみるともちもち!ふわふわ!さっきまでパサパサだったのが嘘のようです。

そして、今度は冷凍した生食パン。これはさすがに、どうなんでしょう・・・。ちょっとわかりにくいですが、事前に冷凍しておいたカッチカチの生食パンです。

水を入れたタンクをセットして、待つこと4分ほど。焼いている間は扉にこんなに水滴が・・・。

焼きあがりました!驚きのふわふわ感!生食パン完全復活です!!

タンクの水もこんなに減りました。(右が加熱後)

実際に食べてみると、買ってきたばかりの生食パンとの違いがわからないほど。冷凍したパンだなんて、とても信じられません。

次に、モーニングセットのコースを使ってみました。今回、トーストと卵、アスパラのベーコン巻きを同時に調理しました。アスパラは生のままベーコンで巻きましたが、絶妙な歯ごたえが残る焼き上がり。お弁当の一品にも良いですね。

もちろん従来のヘルシオグリエと同様、トーストは外はこんがり、中はもっちり焼きあがります。他のパンも焼いてみましたが、クロワッサンはサックサク!明太子フランスは外パリ、中ふわ!

また、新しいヘルシオグリエは、お手入れがしやすくなりました。焼き網が外せるようになったので、奥まできれいに掃除することができます。

1か月分の炭水化物を摂った感じの試食でしたが、パンのおいしさに大満足。いくらでも食べてしまいそうな悪魔感のある新しいヘルシオグリエです。そのおいしさにとりつかれてみてください!

(広報担当:Y)

ヘルシオグリエ製品サイト

 

 

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top