SHARP Blog

あなたのおうちの「あとちょっと」。コードレスワイパー掃除機が解決します!

普段のお掃除。皆さまのご家庭では、どんなツールをどんな風にお使いですか?

我が家では、リビングの近くにすぐ取り出せるよう、コードレス掃除機を置いています。こまめに掃除機をかけるようにしていますが、フローリングのざらつきがすっきりしない時は、フローリングワイパーを使用することも。ただ、置き場所に困るし、持ち替えるのも面倒なんですよね・・・。モヤモヤした気持ちを抱えつつ、でも掃除ってそんなものかなあと思っていました。そんな時、当社の新製品「コードレスワイパー掃除機<EC-FW18>」のことを知り、驚きました。まるで私の心の声が聞こえたかのよう!さっそく試してきました。

コードレスワイパー掃除機<EC-FW18>

第一印象は、可愛い!ちょっと丸みをおびて可愛いです。色も素敵です。ピンクはちょっとスモーキーで大人っぽいし、黒もシックな印象でいいですね。私ならどっちにしようかな~と、ついつい我が家のリビングで使用するところを想像してしまいます。黒かな、いやピンクもいい・・・。

手に持ってみると、軽い!重さは1.3kg。カバンに入れて持ち歩けるほどですね。掃除機は持ち歩かないですけど。

 

さっそく掃除をしてみましょう!

まず、ワイパーシートを装着します。装着方法は通常のフローリングワイパーのように市販のワイパーシートの四隅を押しこみむだけ。簡単です。前面のプラスチックカバーは斜めに上げられるので、装着する時も邪魔になりません。

拭きながら吸っていきます!大きなゴミは吸いあげて、細かいチリのようなゴミはワイパーシートでキレイに拭き取ることができます。正面に見えるパイプの部分でゴミを吸い取ります。

また、ウェットシート、ドライシートどちらも装着可能なので、汚れに応じて使い分けることができます。今回使用したシートは100円均一ショップで売っているものです。最近お店で見かける、フローリングワイパー用のモップやタオルも装着できるそうです。

 

本体が軽いので、市販のフローリングワイパーと比べても取り回しに遜色はありません。さらに、パイプをはずすとハンディスタイルになるので、階段の掃除にも便利です。階段の隅ってすぐにほこりがたまるので、ワイパーシートで拭き掃除できるのはいいですね!全面のカバーをあげればフローリングワイパーと同じように使えるので、掃除機が届きにくい場所も拭き残しがありません。

お手入れも簡単です。ゴミがたまったカップを本体から外し、中のゴミを捨てるだけ。丸洗いができるので清潔です。

商品企画の担当者から聞いたおすすめの使い方を一つご紹介します。最初にスイッチを入れずにワイパーシートで拭いてゴミをシート前方に集め、最後に集めたゴミを吸い上げるという使い方です。これなら掃除機で吸う時間を短縮できるので、夜間の掃除など、音が気になる時に嬉しいですね。コードレスワイパー掃除機ならではの便利な使い方です。

 

「ちょっとだけほこりが気になるなぁ」「洗面所に髪の毛が落ちているのに気づいてしまった」「わざわざ掃除機を取り出す気分じゃないのよね」・・・こんな時、気軽にさっと取り出し、拭いたり吸ったり。お部屋をきれいに保つ強い味方になってくれるはず!フローリングの「あとちょっと」をスッキリさせるコードレスワイパー掃除機、私の掃除に対するモヤモヤもスッキリしそうです!

軽いから毎日使っても負担に感じない、気になる汚れもさっとひと拭きできる、そんなコードレスワイパー掃除機<EC-FW18>。皆さまのお掃除道具のひとつに加えていただけると嬉しいです。

(広報担当:Y)

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top