SHARP Blog

「8K+5G+ドローン」で競走馬の育成支援を

11月4日(月)から12日(火)かけて、北海道新冠(にいかっぷ)郡新冠町にある日高軽種馬共同育成公社にて、「8K+5G+ドローン」を活用した軽種馬育成支援に関する実証試験が行われました。軽種馬とは、体重が400~500キログラムの馬のこと。体型がスマートで、競走馬や乗馬などで活躍する馬が多いそうです。馬の育成や遠方にいるオーナーさまとのコミュニケーションに、「8K」の超高精細映像や第5世代移動通信システム「5G」の活用が期待されています。

共同実施:
 株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR)
 国立大学法人東京大学大学院情報学環中尾研究室
 北海道新冠郡新冠町
 日高軽種馬共同育成公社
 KDDI株式会社
 シャープ株式会社

本実証試験では、大型ドローンに8Kカメラや5Gタブレット端末を搭載。撮影した8K超高精細映像を5G通信によりリアルタイムに伝送します。

伝送された映像は、遠隔地を想定した事務所の8Kモニターに映します。遠隔地にいながら走る馬の高精細映像を見ることで、育成に役立てるというものです。

こちらが、8Kカメラや5Gタブレット端末を搭載した大型ドローン。

写真上が5Gタブレット端末、下が8Kカメラです。

広大なコースを走る馬たちを、上空から8Kカメラで撮影します。

競走馬を育成する日高軽種馬共同育成公社は、北海道日高地方にあります。日高地方は、日本の軽種馬の生産頭数約7,000頭うち、約8割を占めています。中でも新冠町は、1,000頭以上を育成する代表的な産地です。

(8Kカメラで撮影したものではありません)

遠隔地を想定した事務所内の8Kモニターで、馬の走りをチェックします。例えば、東京にいながら、北海道にいる馬の走りを超高解像度の8K映像でチェックすることができます。

これまでは、全国各地にいるオーナーさまが馬を見るためには、北海道へ出向くか、ビデオカメラなどで撮影した映像を後日送ってもらうしかありませんでした。この技術を使えば、走りや状態をリアルタイムに見ることができます。

馬が休む厩舎では、定点カメラを用いた実証試験も行われました。8Kカメラで撮影した映像を5G通信で事務所に送り、馬の筋肉や毛並みなどを確認します。

このように、8Kモニターで厩舎の様子をリアルタイムに見ることができます。

サラブレッドは、筋肉や毛並みがとても美しく、8Kがそれらを見事に映し出していました。ここまで鮮明に見ることができれば、遠隔地にいるオーナーの皆さまも、育成状態をより細かくチェックすることができますね。

 

1113日に発表会を開催

11月13日に、メディアの皆さまへの発表会を開催。関係者より、本実証試験の概要や狙いをお話しさせていただきました。

 

総務省 北海道総合通信局長の髙野潔さま

「来春より、5Gの商用サービスが開始されます。総務省はこれまでも、5Gの実現に向けた研究開発、国際標準化を推進してきました。今年度は、5G技術の検証と地域課題の解決をテーマに実証試験を行っており、新冠町においては、軽種馬育成支援を目指します。今回の新冠町をはじめ、5Gの活用による地域課題の早期解決に努めていきます」

 

株式会社国際電気通信基礎技術研究所(ATR) 適応コミュニケーション研究所長の横山浩之さま

「5Gを活用したサラブレッドの育成支援を、様々なパートナーのご尽力のもとに実現し、このように皆さまにご覧いただけることとなりました。関係者の皆さまには、心からお礼を申し上げます。本日は、5Gの可能性を実感していただければと思います」

 

新冠町長 兼 日高軽種馬共同育成公社代表の鳴海修司さま

「日高軽種馬共同育成公社は、新冠町をはじめ、日高管内で育成された馬を競走馬として活躍できるよう育成、調教をする施設です。現在、約200頭の馬が育成されています。全国でも有数の馬産地であり、軽種馬産業は地域の最も大きな産業です。今回の5G実証試験は、将来の軽種馬産業を支える新たな技術となると確信し、大いに期待しています」

 

KDDI株式会社 技術統括本部 モバイル技術本部 次世代ネットワーク開発部 副部長の黒澤葉子さま

「本実証試験は、総務省が実施したコンテストの上位入賞アイディアをもとに実現したものです。軽種馬産業では、ご自身の馬が、今、どのような状況にあるのかを把握したいというニーズがあります。5Gを活用し、軽種馬の育成状況を超高精細の8K映像でリアルタイムに把握できるソリューションをご提供したいと考えています」

 

当社 研究開発事業本部 副本部長 兼 通信映像技術研究所 所長の藤本昌彦

「当社は、8Kカメラで撮影する部分と、伝送された映像を8Kモニターに表示する部分を担当させていただきました。8Kカメラは、非常にコンパクトな設計であるため、本実証試験のようにドローンへの搭載も可能です」

 

日高軽種馬共同育成公社 場長の佐々木譲次さま

「調教師の先生は、オーナーさまより委託を受けて、月に一度か二度、馬の様子を見に来ます。オーナーさまは頻繁に足を運ぶことが難しく、動画を撮ってほしいという要望をたくさんいただきます。動画はデータ量が大きく、送るのが大変で悩んでいましたが、5Gがそれを解消できると思います。これにより、オーナーさまも馬の状態がわかります。業界全体の新しいサービス事業として多いに期待しています」

 

 

新冠町は、水平線が見える広大で自然豊かな土地です。大地を駆ける馬はとても美しく、どの景色を切り取っても絵になります。馬、自然、大地、空気に至るまで、8Kの臨場感あふれる映像から伝わってくるようです。8Kや5Gの技術が、地域課題を解決し、新たな価値を創出することに繋がっています。

(広報担当:M)

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top