SHARP Blog

シャープのドラム式洗濯乾燥機は、
新方式の液体洗剤・柔軟剤の自動投入でお手入れラクラク!
AIoT機能と合わせて日々の家事をお助けします!

2020年11月27日

記事:U

こんにちは、広報担当のUです。ところでみなさん!

11月20日から随時放送されているテレビCM!ご覧いただけましたでしょうか? お待たせしました! 当社は新方式の「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能が搭載されたドラム式洗濯機の新機種<ES-W113/WS13>を本年9月に発売しました。 「洗剤を入れるのなんてそんなに手間じゃないでしょ?」と思われている方!そんなことないんです。洗剤が自動で投入される機能はとってもとっても魅力的なんです。しかも業界初※1の、投入経路が詰まりにくく、お手入れが簡単な新方式を採用しています。この機能について開発者の吉岡、鈴木、柴田に詳しく聞いてきました!

  1. ※1国内で販売されているドラム式洗濯乾燥機において。お手入れがラクにできる、負圧による液体洗剤・柔軟剤自動投入方式。2020年8月28日時点。2020年9月17日発売。
左から 企画部の吉岡さん、技術部の鈴木さん、技術部の柴田さん

「液体洗剤・柔軟剤自動投入」で採用した新方式は、いったいどんな方式なのでしょうか ?

「負圧式」といって液体洗剤・柔軟剤を水と混ぜて給水することで、洗剤が詰まりにくくお手入れがラクになる新しい方式です。

なぜ洗剤が詰まりにくくなるのでしょう?

給水経路内に洗剤の投入経路を設けていて、経路に水を流してから、液体洗剤・柔軟剤を引き込んで、水と混合して流すんです。加えて、投入経路を給水のたびに自動で洗浄されるからです。 また自動投入ユニットは常に新しい水で満たされていて、内部が乾くことも少なくなり、洗剤垢や水垢がたまって剥がれ落ちることによる詰まりも起きにくくなります。

ほかにも新方式の特長があれば教えてください

それは計量を正確に行うことができるところです。新方式は液体洗剤・柔軟剤を直接計量するのではなく、流量センサーに流れ込んだ水の量を測定することで、種類によって異なる液体洗剤・柔軟剤の粘度に左右されず、最適な量を計るシステムを採用しました。

<お手入れについて>
目安は6ヶ月に1回程度※2。お手入れの時期や洗剤を補充するタイミングは、洗濯機の音声やスマートフォンアプリ「COCORO WASH※3」でお知らせします。液体洗剤・柔軟剤タンクはハンドルがついていて、取り出して洗うことができます。
また、 万が一タンクフィルターが詰まっても外して洗えます。

  1. ※2同じ液体洗剤、柔軟剤のご使用で1日2回洗濯を行った場合の目安です。お使いの状況によってお手入れの頻度は異なります。
  2. ※3アプリのダウンロードはこちら Androidの方iPhoneの方

液体洗剤・柔軟剤の自動投入について、詳しい内容はこちらの動画もご覧ください。

この新方式、開発に苦労した点はありますか?

「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」機能が一般的に普及してきている中、当社としては「洗剤の詰まり」や「お手入れが大変」というお客様のお悩みを解消したいという強い想いで開発を進めました。しかし業界初の「お手入れラクラク新方式」を実現するにあたり、予想外の事態がたくさん発生して、本当に大変でした。

特にどういった点が大変だったんでしょうか。

今回のドラム式洗濯乾燥機に採用したのは日本では初めて※1の負圧式 で、水の流れを制御することで負圧を発生させ、タンク内の液体洗剤・柔軟剤を給水経路に引き込む方式です。初めての試みだったので、市販の液体洗剤や柔軟剤で数多くの実験をしました。メーカーや商品によって粘度などの特徴が異なるため、それらを試していくのは骨の折れる仕事でした。評価を行っていくと、気温によって状態が変化したり、水道から出る水の圧力(強さ)によって洗剤の投入量が変わったりすることが分かり、そのたびに試行錯誤を繰り返しました。すべてが初めての経験だったので、新開発というのは本当に大変だということを改めて感じ ました。

今回、採用された「お手入れラクラク新方式」ですが、どういった想いで搭載したんでしょうか。

以前から当社の洗濯乾燥機には業界初の「乾燥フィルター自動お掃除」機能を搭載していました。こちらの機能はお客様からたいへんご好評をいただいており、お手入れの手間や頻度を減らすことは、ライフスタイルの変化に伴って、とてもニーズが高くなっているということを実感していました。お客様に「シャープの洗濯機を買って本当に良かった」と喜んでいただけるように、洗濯に関わるあらゆる手間を省いて、少しでもゆとりのある時間をご提供したいとの想いから、新たな方式を採用した「液体洗剤・柔軟剤自動投入」機能を開発しました。

新製品では液体洗剤・柔軟剤の自動投入や、「COCORO WASH」を使用したAIoT機能など家事をラクにするさまざまな機能が搭載されましたが、今後はどういった洗濯機を開発していきたいですか?

洗濯機の基本性能である洗浄力や乾燥力を向上させていくことはもちろんですが、まだまだお客様 の手間を省ける箇所は存在しています。お手入れに対するお困りごとや製品満足度を向上できるよう、ひとつひとつの家事の手間を省き「AIoTでラク家事」を実現できるような洗濯機を開発していきたいです。そして当社の新しい洗濯機に買い替えたとき、「前よりもお洗濯が楽になった」「使いやすくなった」「家事の手間が減った」と感じてもらえるような製品を開発していけたらと思います。

―ありがとうございます。

今回もう1点、AIoT機能がさらに進化しました。使いこなせばもっともっと家事が楽になります!すでにお持ちの方も、これから検討している方もぜひご覧ください!

「COCORO WASH」から使える「AI標準コース」が搭載!

「COCORO WASH」を使用し、標準コースの洗濯・乾燥運転終了後、仕上がりを評価していただくことで、次回以降の運転が進化します。使うたびにあなたに合った洗い方を洗濯機が自動で学習。より一層満足のいく仕上がりになります。


ここで「AI標準コース」について動画から一部ご紹介します!

洗濯後、「シワが気になる」や「汚れが気になる」といった仕上がりについてリクエストを送ります
洗濯のあと、仕上がりを評価していくことで洗濯機自身が学習し、
どんどんあなただけのオリジナルの仕上がりに近づいていきます
標準コースからAI診断を選択すると
洗濯機の成長具合を64タイプに分けて診断してくれます!
洗濯の仕上がりをリクエストした状況を目で見て確認することもできます

AIoT機能はとっても便利!あなたに合った毎日のお洗濯を洗濯機が自らサポートします。毎日のお洗濯をサポートする「COCORO WASH」をぜひご利用ください。

「液体洗剤・柔軟剤の自動投入」とても楽ちんな機能ですよね、それに「お手入れラクラク新方式」が採用されていることで、お手入れの手間が省けるということがわかりました。またAIoT機能を使用することで、より毎日のお洗濯をサポートしてくれるなんて心強いですよね!着ていた服や靴下、使ったタオル。いつも清潔にしたい。毎日の家事を少しでもお助けできるようシャープの洗濯機は今日も働きます!ぜひCMもご覧ください!

広報担当:U

Top