SHARP Blog

#おうち時間 で「シャープミュージアム」を巡ろう!

今からちょうど60年前の1960年7月、当社はテレビのカラー放送開始に合わせて第一号カラーテレビを発売しました。

当社第一号カラーテレビ<CV-2101>

 

発売価格は50万円。当時の公務員の初任給が10,800円という時代でしたので、カラーテレビを所有するというのはかなりのステータスだったようです。

その後、放送とディスプレイの分野は進化をつづけ、40年後の2001年に当社は液晶テレビ AQUOSの一号機を発売。さらに20年後、圧倒的リアリティを楽しめる液晶テレビAQUOS 8KやスマートフォンAQUOS R5Gにいたるまで、おうちで過ごす時間を思い思いに楽しむことができるようにする製品を数多く創り出してきました。

このような進化の歴史を奈良県天理市のシャープミュージアムで展示紹介していますが、残念ながら今はコロナ感染症拡大防止のため外出を控えている方が多いと思います。

当社液晶テレビ AQUOS一号機(左)と当社カラーテレビ一号機
(シャープミュージアムでの展示。画面サイズは同じ21型)

 

「シャープミュージアムってどんなんかな…でも今は行けないな・・・」と思ってくださる皆さんに、こういう時だからこそ何かオンラインで情報発信が出来ないかと考えていたのですが、既に私たちの強力なサポーターが動き出してくれていました!

SHARPミュージアムサポータークラブ:シャープ社友会https://www.instagram.com/sharpmuseum_supporterclub/

 

「シャープ社友会」は、当社に長年勤務されたOB・OGの皆さんで構成されています。その中の有志メンバーがインスタグラムに「シャープミュージアム」応援アカウントを作成し、展示内容の一部を紹介してくださっているんです。

 

昨夏以来、修学旅行生の皆様をお迎えしたり、「蓄音機とラヂオ企画展」を開催したりと、「OB/OGと伝えるシャープ107年企画」で共に活動するメンバーが、「もっとたくさんの人々にシャープミュージアムを楽しんでいただきたい」との想いから、インスタグラムで紹介してくださることになったものです。

 

「変なテレビー!と思ったらこれラジオ?」
「あ、この木製のレコードプレーヤー、おじいちゃんに見せてもらったことがあるかも」

 

手のひら(スマホ画面)で楽しむ「シャープミュージアム」には、プチ驚きやら懐かしさやら・・歩いて巡るのとはまた“ちょっと”違う発見があるかもしれません。その発見をぜひご体験いただき、親しい方と共有していただければ幸いです。

そして、近いうちに是非またご来館いただける日がくることを、楽しみにお待ちしております。

(ミュージアム担当:F)

 

展示施設のご案内:シャープミュージアム(天理)
https://corporate.jp.sharp/showroom/tenri/index.html

製品サイト:液晶テレビ アクオス

https://jp.sharp/aquos/products/

製品サイト:シャープ スマートフォン・携帯電話 AQUOS公式サイト

https://jp.sharp/k-tai/

 

Top