SHARP Blog

スタートアップ向けオンラインマッチングサービス「モノづくりプロ.net」とは ~シャープのオープンインキュベーション事業<1>~

「モノづくりプロ.net」概要

「モノづくりプロ.net」概要

最近、”スタートアップ(Start up)”という言葉をよく聞くようになってきました。ビジネスの場では「立ち上げ」や「起業」などの意味で使われていて、新しいビジネスモデルで急成長をめざす、市場開拓フェーズにある企業のことだそうです。しかし、そんなスタートアップにとって、事業を立ち上げようと思っても、手段・方法・設備、あるいは人材などのリソースや、それらを活かすノウハウを持っているとは限りません。

一方、当社は2016年から、長年培ってきたモノづくりのノウハウをもとに、スタートアップを支援するオープンインキュベーション※1事業を進めています。その一環として、今回(2020年5月14日発表)、スタートアップに対して、独自の技術・ノウハウと豊富な実績を有するモノづくり企業をオンラインで紹介するマッチングサービス「モノづくりプロ.net」を開始しました。

今回は、国内電機メーカー初※2の企業マッチングサービスである「モノづくりプロ.net」について、紹介したいと思います。

※1 インキュベーション(Incubation):英語で「(卵の)孵化」という意味があり、転じて、「新規事業の創出や起業の支援を行い、その成長を促す」こと。
※2 当社調べ(2020年5月14日現在)。スタートアップとネットワーク化された製造企業群のマッチングサービスとして。

 

   <「モノづくりプロ.net」サービスとは >   

「モノづくりプロ.net」サービスは、開発・設計、生産、検査等 多種多様なスタートアップの課題に対し、本サービスに登録した企業(モノづくり企業)※3が保有するソリューション(解決策)を提供することで、早期事業化を支援するものです。 「モノづくりプロ.net」サイトに解決したい課題の情報を入力すると、マッチするソリューションを提供可能なモノづくり企業を2~3社、「モノづくりプロ.net」事務局がご紹介します。

申込を受けた事務局は、例えば、試作品を開発したいがリソース不足のスタートアップには、試作品開発・設計能力をもった企業を、自社で開発した製品の信頼性試験を行いたいスタートアップには、試験・解析を実施できるモノづくり企業を、3営業日以内に紹介します。

スタートアップの悩みを「モノづくりプロ.net」が解決

スタートアップの悩みを「モノづくりプロ.net」が解決

「モノづくりプロ.net」お申込からお取引決定までの流れ(オンライン)

「モノづくりプロ.net」お申込からお取引決定までの流れ(オンライン)

ここで事務局から紹介されるのは、大手企業との豊富な取引実績があり、独自の技術やノウハウを持つ「モノづくりプロ.net」登録企業(量産支援ネットワーク)※3です。

「モノづくりプロ.net」登録企業(量産支援ネットワーク)

「モノづくりプロ.net」登録企業(量産支援ネットワーク)

※3 31社が登録済み(2020年5月14日現在)。「モノづくりプロ.net」への登録には、条件および審査があります。詳細は、「モノづくりプロ.net」事務局(monozukuripro.net@sharp.co.jp)までお問い合わせください。

 

下図のように、モノづくりのバリューチェーンに必要な、開発・設計、試作、生産(量産化)、検査(品質・信頼性)からアフターサービス、知的財産のコンサルまで多種多様なソリューションをオンラインで提供可能です。モノづくりにおいて「何とかならないか」とお悩みの課題がありましたら、一度「モノづくりプロ.net」にご相談ください。「モノづくりプロ.net」は無料でご利用いただけますので、資金に余裕がなくても気軽に申し込めます。

モノづくりの一般的なバリューチェーン

モノづくりの一般的なバリューチェーン 各フェーズに合わせた
幅広いソリューションメニューを提供

本サービスは、今まで当社が携わってきたスタートアップの要望から生まれたものですが、ソリューションを提供するモノづくり企業側にも、新規取引先、新規事業の開拓につながる等のメリットがあります。また、本サービスは、スタートアップ限定ではありません。外部委託を行いたい企業や研究機関にもご利用いただけます。実際、当社の開発部門なども利用しており、新規取引先開拓に役立てています。

現在、新型コロナウイルス感染症の影響により、外出が難しい状況にありますが、本サービスは全てオンラインで提供されるため、ご自宅やオフィスにいながら、スタートアップ企業の方なら地域を超えた課題解決のパートナー探しに、モノづくり企業はイノベーティブな新規取引先開拓にと、安心してご活用いただけます。

 

当社はこれまで、スタートアップを支援するオープンインキュベーション事業の施策として、プロトタイプ量産段階までに予見されるトラブルやコストロスなどを未然に防ぐことを目的とした研修プログラム「モノづくりブートキャンプ」、そして、量産仕様決定から最終製品の品質確認までを実地支援するプログラム「量産アクセラレーションプログラム」を展開してきました。

さらに第3の施策として、当社のR&D(研究・開発)拠点である「シャープ総合開発センター(奈良県天理市)」内へスタートアップを誘致し、天理市での新規事業創出、企業誘致、雇用創出、定住を促進する連携協定を、今年1月に奈良県天理市(市長:並河健)と締結しました。

シャープが進めるオープンインキュベーション施策

シャープが進めるオープンインキュベーション施策

今回紹介した「モノづくりプロ.net」サービスは、これらに続く4つ目のオープンインキュベーション施策です。本年(2020年)1月に試験運用を開始したところ、数十社にご応募いただき、ヘルスケアやIoTデバイス、AV機器等、幅広い製品開発のためのソリューションを提供しています。

 

シャープは、当社および量産支援ネットワークのさまざまなアセット(経営資源)を活用して、スタートアップや企業の皆さんのイノベーション実現に貢献する〝オープンインキュベーション・プラットフォーマー〟として、今後も新しいソリューション/サービスをご提案していきます。

このブログをご覧になったスタートアップの方、そしてモノづくりに関してさまざまなノウハウをお持ちの企業の方、ぜひ、「モノづくりプロ.net」サービスをご活用ください。お待ちしております。

●「モノづくりプロ.net」に関する詳細情報・お申込みは以下のサイトからお願いします。

(広報担当:H)

 

<関連サイト>
モノづくりプロ.net
シャープオープンインキュベーション サイト

■ニュースリリース
スタートアップ向けマッチングサービス「モノづくりプロ.net」を開始
IoTベンチャー企業向け「モノづくり研修」を11月よりスタート
IoTベンチャー企業向け「量産支援サービス」を12月よりスタート

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top