SHARP Blog

プラズマクラスター加湿空気清浄機 本日発売! 決め手は“パワフルショット”

2014年9月20日


プラズマクラスター加湿空気清浄機<KI-EX100><KI-EX75>を、本日9月20日(土)に発売しました。

新しい機能として、ソファーやカーペットなどに高濃度プラズマクラスターイオンを直接当てることで、
付着したニオイや菌を消臭※1・除菌※2 できる「パワフルショット運転」を搭載しています。



<KI-EX100-N(ゴールド系)>   <KI-EX75-W/T(ホワイト系/ブラウン系)>  

  • ※1 付着臭:約41m3(約10畳相当)の試験空間で、前吹出口から約2mの位置での約2時間後(付着料理臭)、
     約6時間後(付着ペット臭)、約30分後(付着タバコ臭)の効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。
  • ※2 付着菌:約25m3(約6畳相当)の試験空間で前吹出口から約2.5mの位置での約8時間後の効果であり、
     実使用空間での実証結果ではありません。
     すべての付着菌に対応するわけではありません。菌の種類・対象物の素材などによって効果は異なります。

パワフルショット運転やデザインについて、商品企画担当者に話を聞きました!

パワフルショット運転


空気清浄機は、リビングや寝室などに置いて部屋全体の空気をキレイにするものです。新しい機能として、空気をキレイにするだけでなく、ソファーやカーペット、ペット用品などに付着したニオイや菌までキレイにしたいと思い、「パワフルショット運転」の開発がスタートしました。

「パワフルショット運転」では、後ろのルーバーを閉じて、前方向に高濃度プラズマクラスターイオンを集中的に放出します。気になる箇所にプラズマクラスターイオンを直接当てることで、付着したニオイや菌を消臭※1・除菌※2 します。

言葉だと少しイメージしにくいので、ニオイのサンプルとしてアンモニア水を用意しました。
目に見えるように赤紫色のフェノールフタレイン溶液を混ぜて、クッションに吹き付けます。
消臭されると色が消えます。

アンモニア水は揮発性が高いため、放っておいてもニオイの色は消えますが、
「パワフルショット運転」で高い濃度のプラズマクラスターイオンを集中的に当てることで、
より早く色が消えていきます。

前ルーバーは、上下にスイングするだけでなく、狙った位置で止めることもできます。
キャスターが付いているので、左右にも楽に向きを変えることができます。

「パワフルショット運転」は、ソファーやカーペットだけではなく、様々な箇所にお使いいただけます。
例えば、生乾きのバスタオルを椅子にかけて、「パワフルショット運転」で乾かすのもおすすめです。

私は、お風呂上がりにキレイな風で涼んだりもしています。(笑)

空気の流れを設計する

加湿空気清浄機は、部屋に空気の流れを作ってホコリ等を集めます。
当社の製品は、背面全面が空気の吸込み口になっています。
集めたホコリを、背面の大きな面積で吸い込むことができます。

掃除機で簡単にお手入れができるので、日々の掃除もらくらくです。


おしゃれなインテリアとして

<KI-EX100><KI-EX75>は性能だけではなく、デザインも一新しました。
リビングにマッチし、大きさを感じさせないデザインを追求しました。

性能とデザインの両立には困難もありましたが、
試作機ができた時には、とても良いものができたと確信しました。

全体の形状だけではなく、湿度等を表示するパネルにもこだわりがあります。
電源をOFFにしているときには見えませんが、電源をONにすると数字やマークが浮き上がって表示されます。
キレイに表示させるために、なかなか苦労しました。

部屋全体の空気から、ニオイが気になるソファーやカーペットまで、幅広いシーンでお使いいただけます。

今回ご紹介した<KI-EXシリーズ>の他にも、<KC-Eシリーズ>を含め6機種を発売しました。
(<KI-EX55>は、9月27日(土)発売予定です)

パワフルショット運転の他にも、PM2.5モニターやキレイモニター、温度や湿度を表示する大型デジタル表示、
便利な使い方をアドバイスするココロエンジンなど、暮らしに役立つ機能が満載です。

ぜひ製品サイトをご覧ください。
 ⇒ 加湿空気清浄機/空気清浄機 製品サイト

(広報担当:M)

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top