SHARP Blog

京都・嵐山の夜景、8K映像を桂川渡しの5G伝送に成功

2018年12月8日から17日まで、初冬の季節感を体験できるイベント「京都・嵐山花灯路-2018」が開催。桂川に架かる渡月橋周辺と野宮神社付近にある竹林の小径もライトアップされ、多くの観光客で賑わいました。
当社は、この会場でNTTドコモさま、京都府さまなどと連携し、第5世代移動通信方式(5G)を用いた「8Kライブ映像」と「8K収録映像」による観光客誘導に関する実証試験を、12月13日と14日に実施しました。

 

嵐山北部エリアを紹介する映像コンテンツ(左)と5G伝送による「8Kライブ映像」(右)

この試験では、渡月橋付近に5G通信エリア(28GHz帯)を構築、桂川北岸の嵐山公園臨川寺地区に設置した5G移動局から、当社製8Kカムコーダーで渡月橋を撮影した「8Kライブ映像」を、5G無線で対岸に向けて送信し、対岸(桂川南岸)の嵐山公園中之島地区に設置した5G基地局で受信しました。
そして、「京都・嵐山花灯路2018」の案内所エリアに当社製8K映像モニターを2台設置し、1台には桂川北岸で渡月橋を撮影した「8Kライブ映像」を、もう1台には、常寂光寺や落柿舎といった嵐山北部エリアにある観光スポットへ観光客を誘導するための8K映像コンテンツを放映しました。(8K映像コンテンツは嵐電嵐山駅近くの「ぶらり嵐山」でも放映しました)

 

桂川北岸の5G移動局側より当社製8Kカムコーダーで撮影

5G基地局側にてデータを受信し8K映像を桂川南岸で一般公開

今回の実証実験は、株式会社NTTドコモさまが実施主体として総務省より受託した、平成30年度5G総合実証試験「屋外において平均4-8Gbpsの超高速通信を可能とする第5世代移動通信システムの技術的条件等に関する調査検討の請負」の一部として実施しています。嵐山は観光客が渡月橋付近に密集しており、大きな河川を挟むため配線が困難です。しかし、短時間で伝送回線を設営できる「5G」を活用することで、大容量の「8Kライブ映像」の伝送を実現できました。
観光エリアの玄関口となる駅や案内所などにおいて、お薦めスポットの臨場感豊かな映像を表示することで、観光客の興味をかき立てて、誘客効果を発揮します。また、新しい観光ルートを紹介するだけでなく、混雑緩和の実現など、観光分野での新たなサービスへの応用が期待されます。

また、今回、5G伝送を実現した「8Kライブ映像」のさらなる活用案として、「思い出ビデオ作成サービス」をご紹介しました。

 

思い出ビデオ作成サービスイメージ 
オリジナルの広角映像(右写真上部)と、切り出し、拡大映像(同下部)を同時に見られる

本サービスは、8K超高精細の利点を活用し、観光スポットに設置された8Kカメラに映るお客様を自動的に追尾、切り出し、拡大して動画を提供するものです。5Gが普及すると、信号伝送用の配線が困難な場所にも8Kカメラを簡単に設置できるようになり、クラウド上のAIを活用して映像の切り出しができます。
今回は、事前に広角で撮影した渡月橋の映像から、モデル2人をそれぞれ切り出した映像を作成し、タブレットでお客様にお見せしました。
オリジナルの広角映像と、切り出した拡大映像の両方を同時に見たお客様から、「こんなに小さい映像を拡大してもここまできれいに見えるんだ」という8K超高精細への驚きや、「このサービスをぜひ利用したい」、「5Gが普及すると、いろいろな場所でこのようなサービスが受けられるんだ」、など多くの期待の声をいただきました。
自分ではなかなか撮影できないアングルの映像が作成できる、8K活用の新たなサービスとして検討しています。

 

嵐山にある電波の神様に実証実験の成功をお祈り

「電電宮」

実証実験の会場となった嵐山公園から徒歩10分ほどのところに、奈良時代に創建された「法輪寺」があります。参道の中ほどに「電電宮」という名の鎮守社があります。この「電電宮」は全国的にも珍しい電気・電波の祖神を祀っていて、電気・電波・電子等あらゆる電気関連事業の守り神として崇められていて、この実証実験の成功もお祈りしてきました。無事に成功できたのもこちらの神様へのお願いが通じたのかもしれません。
今日では電気・電波だけでなく、IT関係者や電気通信事業者からの信仰も集めているとのこと。この業界に関係する方は是非ご参拝ください。
また以前、テレビの旅行番組でも紹介されていましたが、こちらのお守りはとても変わっていて、なんと8GBのマイクロSDカードです。中にご本尊である虚空蔵菩薩の画像データが入っているそうです。お守りをスマートフォンに挿入できるというハイテクぶりですが、常に携帯できるということで、とてもご利益がありそうです。

 

こちらは、電気電波の発展に尽くしたエジソンとヘルツを称える「電電塔」

ライトアップされた嵯峨・嵐山を堪能

夕闇が迫りライトアップされ幻想的な「渡月橋」

北部エリアへ向かう人気の「竹林の小径」もライトアップ

嵐電嵐山駅のキモノフォレスト

日没後の嵐山を一巡すると、夜間特別拝観を実施している寺院や駅には600本の京友禅をモチーフにした灯篭、撮影スポットして大人気の竹林などいろいろな場所で初冬の京都の彩りを感じられました。

2020年に実用化予定の5Gの通信環境が整備されれば、超高精細で臨場感あふれる8Kライブ映像をたくさんの方にご覧いただけるようになると思います。今後も実用化に向けてさまざまな5Gの実証実験が続きます。このBlogでもその模様を随時ご紹介していきます。
(広報担当:Z)

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

関連サイト
8Kポータルサイト
http://www.sharp.co.jp/brand/vision/8k/

関連ニュースリリース
第5世代移動通信方式(5G)による高速移動体への8K映像伝送に成功
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181227-a.html
第5世代移動体通信方式(5G)による高精細8K映像のライブ伝送に成功
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/181128-a.html
5G技術を活用した8K映像の12チャンネルMMT伝送に成功
http://www.sharp.co.jp/corporate/news/171107-c.html

関連SHARP Blog
東京ソラマチで、「8Kバーチャル美術館」を体験してきた。
https://blog.sharp.co.jp/2018/08/08/14281/
5G Tokyo Bay Summit 2018で、5G 8Kマルチチャンネル同期伝送の技術デモを公開
https://blog.sharp.co.jp/2018/07/19/13383/
“ちょっと先”の未来を見てきた。2020年に実現される、5Gと8Kが創る未来のライフスタイル
https://blog.sharp.co.jp/2017/12/13/12227/

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top