SHARP Blog

4K対応液晶テレビ「AQUOS」 新シリーズ発表!

2014年5月20日


5月20日に、「AQUOS」UDシリーズ3機種<LC-70UD20><LC-60UD20><LC-52UD20>を発表しました。

4K試験放送(4K/60p)※1が2014年6月2日より開始されます。
本機は、同時に発売する AQUOS 4Kレコーダー<TU-UD1000> と組み合わせることで、
ご家庭でいち早く4K試験放送をご視聴いただけます。
 詳細はこちらをご覧願います。 ⇒ 「AQUOS」UDシリーズ3機種を発売(リリース)



4K対応液晶テレビ AQUOS
左から、<LC-70UD20>、<LC-60UD20>、<LC-52UD20>

4K映像はまさに大迫力!
映像に奥行きを感じることができ、臨場感があふれています。

本機に採用している技術をご紹介します。

4K映像の臨場感をご家庭に

蛾の目にはナノ単位の微細な突起が無数にあることをご存知ですか?
この構造により光の反射を防ぎ、暗い所で目が光り外敵に見つかってしまうことを防いでいるといわれています。

この蛾(モス)の目(アイ)を研究し、部屋の照明などの外光の映り込みが大幅に抑えられる
「4Kモスアイ®パネル※2を採用しています。
艶やかで深い黒を再現し、自然で見やすい映像を実現しました。



モスアイ®パネルのイメージ(当社比)

また、“新たな発光材料を採用したLEDバックライト”と“色復元回路”による広色域技術「リッチカラーテクノロジー」を搭載しました。
自然で豊かな発色を実現することで、臨場感が高まります。



リッチカラーテクノロジーの効果のイメージ(当社比)

高精細・高品位の映像表示能力が高く評価され、以前ブログにてご紹介した「THX 4Kディスプレイ規格※3の認証を取得しました。
 ⇒映画館で見かける「THX®」とは

新開発・サウンドバー搭載

臨場感のある映像を楽しむためには、音声も大切です。

本機は、ディスプレイの下部に独立した新開発のサウンドバーを搭載しています。
サウンドバーを独立させることで、“高音質”と“薄型で狭額なデザイン”を両立しました。
8個のスピーカーと5個のマルチデジタルアンプを駆使し、迫力のある音声をご提供します。


スピーカー構成のイメージ

臨場感あふれる4K映像をご提供するために、他にもたくさんの技術を採用しています。
店頭でぜひご体感いただければと思います。

(広報担当:M)

  • ※1 4K試験放送とは、次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)が124/128度CSデジタル放送にて放送する2014年6月開局
     予定の4K専門チャンネルです(無料チャンネル)。スカパー!プレミアムサービスのチャンネルではありません。
      視聴には本機のほか、AQUOS 4Kレコーダー(TU-UD1000)、スカパー!ICカード・スカパー!プレミアムサービス対応
     アンテナと、視聴申込(無料)が必要です。
  • ※2 モスアイは、大日本印刷株式会社の商標または登録商標です。
  • ※3 THX 4K Display Certification,2D映像表示時で認証を取得。THXおよびTHXロゴはTHX.Ltd.の登録商標です。
関連情報

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top