SHARP Blog

新製品スマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV31」 進化した“コンパクト”&“ハイスペック”

スマートフォン「AQUOS SERIE mini SHV31」が、KDDI株式会社様、沖縄セルラー電話株式会社様から

1月29日(木)に発売されました。

狭額縁デザイン「EDGEST」により、約4.5インチフルHD IGZOディスプレイを搭載しながら、

片手でも使いやすいコンパクトなサイズを実現しました。

シーンに応じてタイミングよく、まるで友だちのようにさりげなくメッセ―ジを伝えてくれる「emopa(エモパー)」に、

新たなキャラクター「おれんじん」を追加。毎日声を聞いていると、何かと愛おしい存在です。



AQUOS SERIE mini SHV31

「AQUOS SERIE mini SHV31」について、開発者にインタビューを行いました。

<以下インタビュー内容>

-「AQUOS SERIE mini SHV31」の特長を教えてください。

開発者「5インチ以上への大画面化が進む中で、コンパクトでハイスペックなスマートフォンを望む声もたくさんお聞きしていました。『IGZO液晶ディスプレイ』と狭額縁デザイン『EDGEST』により、手のひらにフィットするサイズ感の中に、めいっぱいの画面とハイスペックを凝縮しました」

-手に馴染む形ですね。

開発者「手にフィットすることはもちろん、高級感や金属の美しさを表現することにも力を入れました。マットな質感の塗装は、ずっと触っていたいと思っていただけるように仕上げました。電源アルミキーは、ダイヤカット加工を施し、周囲がキラリと光るデザインにしています」



電源アルミキー

-おすすめの機能はありますか?

開発者「やはりemopa(エモパー)ですね。第4のキャラクターとして、情熱的でフレッシュな『おれんじん』を追加しました。さくお、えもこ、つぶたとはまた違った性格で、前向きで熱いけど、どこか小心者の憎めないやつです。今回もカヤック様にキャラクターを作っていただいたのですが、果物のキャラクターというところが面白いですよね。ぜひ選んであげてください」

-それは楽しみですね。他にこだわった機能はありますか?

開発者「利用される機会の多いカメラには、常に新しいこと、楽しいことを盛り込むようにしています。逆光や夜景など、撮影が難しいシーンでもキレイに撮影するにはどうすればよいか追求し、細かな設定をせずにうまく撮れるように工夫しています。最近特に自分撮りをされる方も多いと思いますが、ワイド撮影やセルフタイマーなど、楽しく撮影いただける機能も搭載しています」

-最後にメッセージをお願いします。

開発者「お客様が本当に欲しいと思っていただけるスマートフォンを追求しました。性能やデザイン、機能、すべてを妥協せず、作り上げたモデルです。ぜひ店頭にて触っていただければと思います」

-ありがとうございました。



AQUOS SERIE mini SHV31の開発者

手のひらにフィットするサイズ感は、持った瞬間に良さを実感できます。

おれんじんの声が聞きたくて、ついつい振りすぎてしまいますね。

(広報担当:M)

  • ● IGZO液晶ディスプレイは、株式会社半導体エネルギー研究所との共同開発により量産化したものです。
関連情報

SHARP Blog トップに戻る 一覧へもどる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Top